FSUNの歴史

(FSUN本部の事業に関するものが中心。各支部の活動の歴史は各支部HPでご確認ください)

1988年

11月
FSUN発足の会合

国連支援交流財団(FSUN)アメリカ法人として設立登録。米国元国連大使リチャード・ピートリー氏、国連事務次長(当時)明石康氏、衆議院議員(当時)渡部一郎氏の3名が創立者。初代理事長に鬼塚喜八郎氏(アシックス創業者)が就任。世界学生模擬国連会議の支援を中心に事業を開始。

1989年

7月

ニューヨーク州から免税認可される。

1990年

2月

アメリカ連邦政府より免税認可される。

8月

東京・帝国ホテルにて発足式。国連支援のための募金活動を開始。

9月

米国国連協会会長と懇談

1991年

1月

NGO(非政府組織)の認定を国連本部に申請。

5月
意見広告

日本経済新聞に財団の意見広告を開始

7月

日本青年館で開催された東京国際模擬国連大会に財団として助成金を交付

8月

国連ピースメッセンジャー都市会議(横浜市で開催)を後援

8月

ニューヨーク国連本部研修視察団ツアー

9月
PKO講演会

PKOの父といわれるブライアン・アークハート氏(元国連事務次長)の講演会

1992年

1月
第1回世界国会議員会議

国連支援のための第1回世界国会議員会議(東京)開催。世界14か国6国際機関の代表73名が参加。

3月

国連本部研修ツアーを実施

8月
カンボジア事前調査

カンボジア支援の本格化 事前調査のためにカンボジアに担当理事たちが4回訪問(8月、10月、11月、12月)

 

8月

国連ジュネーブ本部へ研修ツアー

1993年

1月

国連大学のシンポジウム「国連強化―平和と環境」で渡部常任顧問が基調講演

1月

再生カンボジア支援のための訪問団(第1次)が出発

2月
第1号小学校贈呈式

カンボジアに完成した財団寄贈第1号校舎の贈呈式に訪問団(第2次)

3月
灌漑用水路

再生カンボジア交流(第3次)、プレクポーに灌漑用水路を建設。

5月

ニューヨーク国連本部研修ツアー実施

7月

新生カンボジアに財団寄贈第2号の校舎が完成、贈呈式。

10月

ヨーロッパ国連本部研修ツアーを実施

1994年

2月
義足工場

カンボジアで財団寄贈の義足工場、リハビリテーションセンター完工式

2月

財団寄贈第3号ランカー校舎の贈呈式

8月

新生カンボジアへ財団寄贈の校舎の贈呈式(コンポンチャム州スダウルー小学校)

9月
ガリファンド第1回授賞式

ブトロス・ガリ・スカラシップ・ファンド第1回授与式。

帝国ホテルにて約500人参加。栄えある第1回受賞者はケト・エリタブ・ムシゲニ博士(タンザニア)、モハメッド・マクシ博士(ヨルダン)、フェイ・デューチン博士(米国)、ドン・ナン女史(中国)、ロドルフォ・スタベンハハン博士(メキシコ)

11月

ローマ国際機関へ研修

1995年

1月

阪神・淡路大震災救援センターを設置

3月

ニューヨーク・ヨーロッパ国連本部研修

9月
北京女性会議

世界女性会議(北京)へ派遣

9月
第2回世界国会議員会議

第2回世界国会議員会議(岐阜)開催

9月
ガリファンド第2回授賞式

第2回ブトロス・ガリ・アワード授与式(国連大学)

1996年

3月

ニューヨーク国連本部へ研修

5月

国連NGO審査委員会で経済社会理事会の「全般的協議的地位を有する非政府機関」の正式名称でNGO(カテゴリーⅠ)に認定

総合諮問資格についてはこちらを御覧ください。

7月

渡部常任顧問らニューヨークでガリ事務総長と会談

7月
女性自立センター

プノンペンに女性自立センター(2階建て16室)完成。

9月

中国西安市で開かれた義足協会大会に渡部常任顧問ら出席、および陜西省第4軍医大のセミナーで講演

1997年

2月

ヨハン・ガルトゥング博士のシンポジウム(ピース大阪)共催

2月

FSUN賢人会議開催(東京)

2月

カンボジアに中古バス贈る(神戸港より)

4月

ニューヨーク事務所開設

6月

FSUN憲章を常任理事会で承認

11月

各地の大学・高校の文化祭でFSUNの対人地雷反対パネルを使用

11月
国連職員コーラス

国連職員合唱団公演を開催

12月
第10回模擬国連全国大会

第10回模擬国連会議を支援

1998年

2月
ハワイ10周年総会

ハワイ・ヒルトン・ハワイアンビレッジにて第10回総会を開催

2月
第3回 世界国会議員会議

ハワイ大学東西センターにて第3回世界国会議員会議を開催

3月

渡部顧問、国連本部で法眼建作国連広報局事務次長(当時)と懇談。サン・プロジェクトチームがニューヨーク研修(安全保障理事会、人道局、広報局、人口基金等の職員より受講)

4月

法眼健作国連広報局事務次長(当時)にインタビュー「国連改革と広報局の役割」

5月

韓国のソガン大学でガルトゥング博士の平和講演会を金大中財団と共催

5月

ドリームバンク育英基金設立。Ark支部がカンボジアに医薬品贈呈

5月

インド・パキスタンの核実験に抗議談話を発表

6月

対人地雷全面禁止を考えるシンポジウムを開催 (カナダ大使館ホールにて)

7月

北京にて中日友好協会との共催で日中賢人会議を開催

9月

国連DPI/NGO会議に参加。アナン国連事務総長にWPCⅢの議事録提出。国連広報局 法眼事務次長(当時)に日本語通訳の増強を申し入れ。

10月

渡部常任顧問、東京都内でアナン国連事務総長と懇談

1999年

3月

ニューヨーク国連本部に研修

3月

カンボジア支援 カンボジア医療ボランティア派遣団(石川斉団長)が訪問し、医薬品を贈呈

5月

カンボジア支援 95年4月に開校したアンペプノン小学校へ、辞書、教材、文具、保健室の医薬品、Tシャツ等を贈呈

8月

FSUN憲章を決定

11月

京都賢人会議開催 テーマ:北朝鮮問題 (出席者:ヨハン・ガルトゥング博士(平和学)、西村文子(同博士婦人/通訳)武者小路公秀(フェリス女学院大学教授)高屋定国(仏教大学教授)、渡部一郎FSUN常任顧問、渡部通子FSUN常任顧問

12月

カリフォルニア州アーバイン市において、学生エッセイ大会および講演会(講演者 アルン・ガンジー氏 テーマ:祖父・ガンジーの非暴力精神)

2000年

6月

国連特別総会「女性2000年会議」に参加 ニューヨーク

9月

中日女性シンポジウムに参加 教育、高齢者問題、環境保全、雇用政策決定、平和の6分科会で討議

10月

苫小牧駒沢大学学園祭「第3回国際フェスティバル」での「留学生日本語スピーチコンクール」に国際貢献賞を協賛した。

2001年

1月

カンボジア支援 プレッツィ・ア小学校を贈呈。親善大使としてサッカー元日本代表 北沢豪選手がサッカーボールやユニフォームを贈呈 

2月
第1回 禁煙シンポジウム

第1回たばこと健康シンポジウム 東京 東京商工会議所ホール

3月

国連本部研修 ニューヨーク

3月

カンボジア支援 カンボジア オランペック・スタジアム州 病院・義足センター等を視察

3月

第2回たばこと健康シンポジウム 横浜 横浜健康福祉総合センターホール

5月
禁煙会議 ワイガント博士

WHO第14回 世界禁煙デー特別記念講演会開催 (FSUNとCan Do Harajukuによる共催)   ジェフリー・ワイガンド博士による特別講演

6月

第4回たばこと健康シンポジウム開催 広島

7月

第5回たばこと健康シンポジウム開催 北海道

8月

小泉首相(当時)の靖国神社参拝発言に関して、理事長および顧問を中心としたFSUNとして一考察を発表

10月

第6回たばこと健康シンポジウム開催 徳島

2002年(平成14年)

2002年2月

第7回たばこと健康シンポジウム開催 鹿児島

2002年3月
第4回 世界国会議員会議

第4回世界国会議員会議・賢人会議を島根県松江市で開催

2002年4月

ILOジェンダー特別アドバイザー駐日大使を迎えての講演会

2002年9月

カンボジアで15校目となる小学校建設、贈呈した。

2003年(平成15年)

2003年7月

FSUN内蒙古支部が中心となり、日本語弁論大会を内蒙古で開催

2003年10月
禁煙会議 北海道

苫小牧にて禁煙推進講演会

2003年11月

渡辺利夫 拓殖大学学長(当協会 前理事長)による国際協力と開発に関する講演会

2004年(平成16年)

2004年6月~12月

カンボジア国バッタンバン州の農民に対して、有機肥料を贈呈して農業開発支援

2004年9月

禁煙推進講演会 医師会・マスコミと共催で禁煙講演会を開催

2004年12月

ODA50周年記念講演会を唐津で開催。渡辺利夫理事長(当時)が講演

2005年(平成17年)

2005年6月

福岡西方沖地震支援活動により万が一メール開発

2005年7月

第1回国際理解教育セミナーを福岡で開催

2005年7月

中国内蒙古留学生支援、学術交流

2005年12月

第2回国際理解教育セミナーを広島で開催

2006年(平成18年)

2006年5月

第3回国際理解教育セミナーを兵庫で開催

2006年6月

能登半島地震救援活動および万が一メール事業

2006年10月

半年にわたり食育普及事業の一環として産経新聞に「食の伝承」というテーマで専門家の方々の連載

2006年11月

第4回国際理解教育セミナーを大分で開催

2007年(平成19年)

2007年2月

第5回国際理解教育セミナーを佐賀で開催

2007年5月

在ホーチミン日本国総領事館の後援で、ベトナム・ホーチミン市において日本・ベトナム親善観光文化祭を開催

2007年6月

中国広東省への日本語教師派遣事業(1年間)

2007年6月

第6回国際理解教育セミナー 鹿児島で開催

2007年8月

日中サッカー交流事業

2008年(平成20年)

2008年5月

中国内蒙古留学生支援、学術交流 東京

2008年6月

第7回国際理解教育セミナー 愛知・佐賀

2008年7月

四川大地震被災地被災者支援 医療機関用太陽パネルを贈呈

2008年7月

ミャンマーサイクロン被災者支援 派遣員が現地の被災者に対して支援物資を配布(半年間)

2009年(平成21年)

2009年1月

四川大地震復興支援活動

2009年3月

ハイチ震災復興支援活動

2009年6月

第8回国際理解教育セミナー 名古屋

2009年6月

第9回国際理解教育セミナー 東京

2009年10月

日本・中国親善観光文化祭 中国 内蒙古フフホトにて

2010年(平成22年)

2010年1月

日本・中国親善交流事業 中国江西省徳興市の招聘により、静岡県と山梨県の自治体と交流

2011年(平成23年)

2011年1月

第10回国際理解セミナー 東京

2011年3月

東日本大震災復興支援活動 宮城県気仙沼市を中心に開始