広島支部

支部基本情報

  • 1)支部正式名称  FSUN国連支援交流協会 広島支部
  • 2)支部長名 谷尾 奈奈
  • 3)支部HPアドレス http://fsun-hiroshima.org(本部から許可なし)
  • 4)支部ブログアドレス  無し
  • 5)支部TWITTERアドレス 無し
  • 6)支部住所 広島市西区三篠町1丁目7-27-701号
  • TEL:082-509-0560

昨年度の活動評価とレポート

自己評価表


※モンゴル語の絵本1000冊を目標としておりましたが、著作権、版権等の問題で、昨年度は、100冊のみとなっており、25年度も引き続き行いますので、途中評価となっております。

平成24年度 広島支部 活動報告

広島支部は、国連の「世界平和の維持活動を推進する」という目的にあるように、人類初の原子爆弾が投下された広島において、広島から平和の重要性を訴えることを使命として活動しています。
昨年度のメインである事業として、「途上国教育支援活動」
MY HIROSHIMA という被爆体験の絵本をモンゴル語に翻訳し、モンゴルの小中学校に配布いたしました。 (100冊)

7月には、七夕コンサートと題して、津軽三味線、パーカーッションのコンサートを開催いたしました。

広報・寄付募集活動として、10月に、広島市で秋に約80万人の集客規模を誇るフードフェスティバルの会場内にバザーを出店しました。会員の手作りのアクセサリーの他、バザー用にご寄附いただいたいた物を、FSUNの活動を理解していただき、その主張に賛同する方々などに購入いただきました。

 

平成25年度  広島支部活動計画

昨年度の事業計画として、広島の平和活動の一貫として平和の大切さをモンゴルの子ども立に伝えるべく、モンゴル語に訳した絵本をモンゴルの小学校に配布する計画でした。
他のNPO団体のご厚意で、100冊ほど入手し、MY HIROSHIMAという絵本を100冊ほどモンゴル語に翻訳し、配布することができましたが、その後、著作権や版権の問題等もあり、目標の1000冊にはまだ及んでおらず、引き続き、本年度の事業計画といたします。

新年度の事業名

①    被爆体験の絵本を他のNPO法人と共同でモンゴル向けの絵本を出版予定。(未定)
② 広島の学生たちを交えて、新たな事業の展開。

FSUNの支部として、FSUNの理念との整合性の有無とその理由

 世界中の子どもたちが等しく教育の機会を受けることを実現することが国際的責任であり、FSUNの活動理念との整合性があり、さらに広島支部としての国際平和の貢献にもつながると信じて活動しています。

事業の発展性

 広島の平和活動団体との連携も可能で、今後様々な平和に関する事業を国際展開していくことが期待できます。FSUN広島がその架け橋となることが可能です。

事業の結果とFSUNの活動に関する情報発信

①    ホームページによる情報発信
②    他団体のイベントへの協賛
③    広島県・広島市の広報誌への掲載
④    広島県内各地のイベントへの出店(年1回計画)